暮らしを運ぶ緑ナンバートラック

事業活動/研究会概要

活動方針

ロジスティクス研究会の活動方針

今年の当会統一テーマは「使命の継続」とし、昨年同様から引き続く形とした。

世界のパワーバランスが非常に混沌としている中で、国内は人口減少の波からくる少子高齢化は避けられず、起こり得る様々な厳しい状況が想定される。

日本経済は、2012年11月を底に回復の兆しをみせ、消費、企業収益や雇用は緩やかに持ち直しつつあります。しかしながら、デフレ脱却には未だ至っていないのが現状です。デフレ脱却に向けた課題といたしましては、賃金上昇率を高めていくことなどが挙げられています。我が国のみならず、先進国においても景気回復の割には賃金や物価上昇率が低い水準にとどまっていると指摘されています。

トラック運送業界におきましては、一部の物流大手事業者では賃金アップによる労働環境の改善が進んでおりますが、中小企業におきましては未だ厳しい状況です。長時間労働の是正、多様で柔軟な働き方の実現等を目標に掲げました「働き方改革」では、5年の猶予があるものの、年間の時間外労働時間が960時間に制限される法案が公表されており、業界内での早急な対応が迫られております。

そこで、ロジ研では横のつながりを強化し、具体的な改善策を発案・推進をし、これらの諸問題に対応して参る所存です。

また、労働環境の改善のみならず、「駐車対策問題」「環境対策」などにつきましても各委員会において検討、協議をおこなって参ります。

本年もロジ研が先輩方から引き継いできました「温故創新」を絶やすことなく、輸送業界のあるべき姿を見出し、具現化すべく邁進して参ります。

組織

英語表記
TOKYO TRUCKING ASSOCIATION Institute of Logistics

住所
〒160-0004 東京都新宿区四谷3-1-8 教育研修部内

電話番号
03-3359-4137

FAX番号
03-3359-6020

メール
※お問合せフォームよりお問合せください

役員名簿

(一社)東京都トラック協会ロジスティクス研究会 平成30年度・31年度 役員名簿

NO 役     職  氏  名 会   社   名 所属支部
○印は支部壮年部長
1 本 部 長     田中 敏之 新聞輸送㈱ 千代田
2 副本部長   総 務 委 員 長 大島 弥一 大島運輸㈱ 新 宿
      総務委員 各委員長 笠原、宮本、中村、前田、村山、相楽  
3   物 流 政 策 委 員 長 笠原 史久 ㈱NTSロジ 多 摩
      物流政策委員 各委員長 大島、宮本、中村、前田、村山、相楽  
4   本 部 連 絡 委 員 長 宮本  隆 宮本運送㈱ 多 摩
5   本部連絡副委員長 浅野 利幸 浅野興業㈱  城 東
6   本部連絡副委員長 吉本 商一 八千代運輸㈲ 足 立
7 本部連絡副委員長 伏見 健次 上野運送㈱ 台 東
8 広 報 委 員 長 中村 克敏 ㈱中彦運送 城 東
9 広報副委員長 佐藤 克典 サトランス㈱ 千代田
10   広報副委員長 石井 秀男 ㈱寿運送 文 京
11   研 修 委 員 長 前田 圭次郎 ㈱若運 世田谷
12   研修副委員長 下川  悟 ㈱プライム物流 中 央
13   研修副委員長 林  秀行 ㈱ハヤシ配送サービス 墨 田
14   研修副委員長 武井 一憲 ㈲武井物流 文 京
15 企 画 委 員 長 村山 浩一 ㈱村山運輸 新 宿
16   企画副委員長 松下 章一 ㈲松下運送 江戸川
17 企画副委員長 半田 一惠 ㈱入船物流システム 中 央
18 企画副委員長 稲垣 貴志 稲垣運輸㈱ 練 馬
19   海 外 交 流 委 員 長 相楽 俊一郎 大徳運輸㈱ 足 立
20   海外交流副委員長 山田 正信 ㈱森田商運 足 立
21   海外交流副委員長 石川 康司 大東梱包㈱ 品 川
22   海外交流副委員長 緋田 政人 緋田運輸㈱ 中 野
1 幹   事   本部連絡委員 岡  信行 矢萩運輸㈱ 千代田
2   海外交流委員 間宮 崇好 芳和輸送㈱ 千代田
3   物流政策委員 樋口 由人 川崎陸送㈱
4   広報委員 松原 伸行 ㈱松原運送 大 田
5   本部連絡委員 飯島 光幸 ㈲トーワ・デリバリー 新 宿
6   本部連絡委員 金子 俊一 金子運輸㈱ 新 宿
7   企画委員  甲斐野 栄一  ㈲正運社運送店 新 宿
8   研修委員 矢島 光男 ㈱坂村ワールドトランスポート 杉 並
9 研修委員 西   誠 朝日梱包運輸㈱ 杉 並
10   本部連絡委員 山本 文夫 ㈱エイトカワサキ 杉 並
11   物流政策委員 國分 正道 ㈱国分 文 京
12   企画委員 田澤  功 コスモ運輸㈱ 文 京
13   海外交流委員 篠﨑  眞 ㈱興真運送 板 橋
14 研修委員 篠本 密治 徳丸運輸倉庫㈱ 板 橋
15   物流政策委員 佐久間 恒好 ㈱商運サービス 練 馬
16   企画委員 関口 勝己 ㈱ケイ・エス・ライン 練 馬
17 広報委員 渡辺 高志 共成運輸㈱
18   研修委員 瀧﨑  尚 タキザキロジスティクス㈱ 台 東
19   企画委員 島村 栄一 島村運送㈱ 台 東
20   物流政策委員 鎮目 隆雄 ㈱フコックス 深 川
21 本部連絡委員 大木 健司 新大橋運輸㈱ 深 川
22   本部連絡委員 西野  毅 ㈱誠和 城 東
23   広報委員 多賀谷 正秀 鈴直運輸㈱ 城 東
24   本部連絡委員 落合  修 滝山運輸㈱ 城 東
25   広報委員 渡辺 浩則 滝山運輸㈱ 城 東
26   物流政策委員 森本 勝也 東亜物流㈱ 江戸川
27 物流政策委員 田中 雅敬 田中興運㈱ 江戸川
28   企画委員 八武崎 秀紀 八武崎運送㈱ 江戸川
29   研修委員 斉藤 元宏 興徳運送㈱ 江戸川
30   研修委員 加藤 和彦 ㈲藤岩運輸 江戸川
31   研修委員 植益 正芳 ㈱エム・エスサービス 江戸川
32   本部連絡委員 鈴木  貢 ㈲すずか梱包運輸 葛 飾
33   広報委員 竹中 康浩 ㈱竹中興運 葛 飾
34   広報委員 鈴木 三津雄 青戸運送㈱ 葛 飾
35   本部連絡委員 岸澤 武春 岸澤運輸㈱ 荒 川
36   物流政策委員 藤倉 泰徳 ㈱藤倉運輸 足 立
37 広報委員 石山 信一 石山運送㈱ 足 立
38   企画委員 都築 宏樹 ㈱都築運輸 足 立
39   物流政策委員 城  康幸 大和システム運輸㈱ 多 摩
40   企画委員 橋本 幸明 三鷹運送㈱ 多 摩
41 研修委員 松本 英孝 ㈱豊運輸 多 摩
42   研修委員 小峯 洋二 ㈲ケーズライン 多 摩
1 監   事   物流政策委員 田中 秀明 東京港運送㈱ 練 馬
2   広報委員 武田 光宏 ㈱佐藤運送 杉 並

本部長挨拶

ロジスティクス研究会    本部長 田中敏之

 この度、第31回通常総会の総意を得て本部長という大役を仰せつかることになりました、田中敏之でございます。

 藤倉前本部長、松本元本部長が粉骨砕身され築かれた礎をお引き受けするのは、大変身の引き締まる思いがいたします。微力ながら精一杯務めさせていただきますので宜しくお願い申し上げます。

 さて、日本経済は、個人消費・設備投資ともに持ち直しの動きが見られ、雇用情勢は着実に改善し、緩やかな回復基調が続いております。しかしながら、我々運送業界は、人手不足が慢性的に続いており、先行きは不透明なままとなっております。 

 それに加え「働き方改革」の推進により、自動車運転の業務についても時間外労働の上限規制が厳しくなるため、人材の確保がより重要性を増して参ります。

 また、最近では、アルバイト社員との労務問題も多発しております。未払い残業代や「同一労働・同一賃金」の問題も早急に対応しなければならない課題のひとつとなっております。

 運送業はドライバーが育たなければ成り立ちません。そして、そのドライバーを育てる環境を整備していくのは我々企業経営者です。

 ドライバーという職業が未来の子ども達の憧れとなるよう、諸先輩方から引き継いで参りました「温故創新」のもと、皆様と共に学び、相互に啓発をしていき、また、青年部、女性部の皆様のお力添えをいただきながら使命を果たして参りたいと存じます。

 今年度のテーマは、昨年と同様に「使命の継続」とさせていただきました。2020年の東京オリンピックを控え、日本経済はまだまだ発展していくことでしょう。この波に乗り、次世代の経営者達にしっかり伝わるよう使命の継続をおこない、運送業界の更なる発展につながる活動を実現して参りましょう。

 皆様のご期待にお応えできるよう、誠心誠意努力して参りますので、一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げ、就任の挨拶とさせていただきます。