暮らしを運ぶ緑ナンバートラック

事業活動/研究会概要

活動方針

ロジスティクス研究会の事業活動方針

長期デフレからの脱却が開始され概ね一年が経過したが、我々業界に於いては対応不足の感が否めない少子化に伴うドライバー不足や高齢化、円安による燃料の高騰加速等、環境変化に伴う課題は一層山積し、過去比類なき歴史的転換点を迎えたと思慮する。

東ト協に於かれては会員事業者支援事業としての初任運転者講習の実施、支部体制の強化、自由民主党国会議員とその選挙区である支部との意見交換会の実施、支部内部化等の諸施策をいち早く対応開始して頂いているが、特に国会議員との意見交換会への同席等、数多くの諸活動に対しロジ研の参加を要請頂けたことは誇りであると同時に、我々への期待感とその責任の重さを痛感した一年でもあった。

同席させていただいた国会議員との意見交換において、今後は東ト協としての課題の優先順位、各議員の専門分野に特化した意見の策定等についての研究が必要であると感じた。一例だが、燃料高騰問題の打開策を見ても、優先すべきは燃料サーチャージの導入を徹底するのか、暫定税率の撤廃を求めていくのか、今後は各課題に対して東ト協としての意見の統一等によって、より効果的になるよう意見交換会に臨む必要があると思われる。

限られた時間の中で、最も有効性の高い統一見解を見出す為には、東ト協全支部への横展開が必要である。勿論、ロジ研が全ての方針を策定するわけではないが、新年度の重要な方針として、先ずは全支部からロジ研にメンバーを選出していただき、次に全支部に支部ロジ研を設置して頂けるよう努力する。

第二の方針として、時流に相応しい委員会を新設し、東ト協本部常設委員会として設置される物流政策委員会をロジ研内部にも同名の委員会として設置する。またこれまで分科会であった海外交流事業を委員会に昇格させる。各委員会を運営する委員長の担務も変更して変化に順応出来る組織を目指す。

我々は毎年テーマを変えて8年間継続した活動を続けて来た。平成22年に発行した「オピニオン」はフォーラム1~4の結果を取り纏めた意見書であったが、2年後の平成27年度末にフォーラム5以降を纏めた「オピニオン」の最終版を発行することを計画する。また平成25年度末に実施したフォーラム8の結論は「自負を持って有効性の高い活動を展開する」ことであったが、これを受けて新年度の統一テーマは「(ロジ研の)使命の追求」とし、東ト協の諸活動に於いてロジ研の活動の有効性を確認しながら、東ト協施策の一助を担えることを目標とする。

組織

英語表記
TOKYO TRUCKING ASSOCIATION Institute of Logistics

住所
〒160-0004 東京都新宿区四谷3-1-8 教育研修部内

電話番号
03-3359-4137

FAX番号
03-3359-6020

メール
※お問合せフォームよりお問合せください

役員名簿

(一社)東京都トラック協会ロジスティクス研究会 平成29年度役員名簿(敬称略)

.NO .役      職(○印は支部壮年部長) 氏      名 会    社    名 .所属支部.
  顧問 竹 内  政 司 竹内運輸工業㈱ 多 摩
  松 本  有 司 金方堂運輸㈱ 台 東
本部長 藤 倉  泰 徳 ㈱藤倉運輸 足 立
..本部長代行. 総務委員長 伏 見  健 次 上野運送㈱ 台 東

総務副委員長 各委員長
副本部長 物流政策委員長 大 島  弥 一 大島運輸㈱ 新 宿
物流政策副委員長 下 川    悟 ㈱プライム物流 中 央
物流政策副委員長 山 田  正 信 ㈱森田商運 足 立
物流政策副委員長 宮 本    隆 宮本運送㈱ 多 摩

物流政策副委員長 石 井  秀 男 ㈱寿運送 文 京

物流政策委員 各委員長
本部連絡委員長 田 中  敏 之 新聞輸送㈱ 千代田
本部連絡副委員長 浅 野  利 幸 浅野興業㈱ 城 東
10 本部連絡副委員長 半 田  一 惠 ㈱入船物流システム 中 央
11 広報委員長 中 村  克 敏 ㈱中彦運送 城 東
12 広報副委員長 佐 藤  克 典 サトランス㈱ 千代田
13 広報副委員長 武 井  一 憲 ㈲武井物流 文 京
14 研修委員長 前 田 圭次郎 ㈱若運 世田谷
15 研修副委員長 林    秀 行 ㈱ハヤシ配送サービス 墨 田
16 研修副委員長 笠 原  史 久 ㈱NTSロジ 多 摩
17 企画委員長 村 山  浩 一 ㈱村山運輸 新 宿
18 企画副委員長 緋 田  政 人 緋田運輸㈱ 中 野
19 企画副委員長 稲 垣  貴 志 稲垣運輸㈱ 練 馬
20 海外交流委員長 相 楽 俊一郎 大徳運輸㈱ 足 立
21 海外交流副委員長 篠 﨑    眞 ㈱興真運送 板 橋
22 海外交流副委員長 松 下  章 一 ㈲松下運送 江戸川
23 海外交流副委員長 石 川  康 司 大東梱包㈱ 品 川
幹事 本部連絡委員 澁 谷  隆 義 ㈱ユニコム 千代田
海外交流委員 間 宮  崇 好 芳和輸送㈱ 千代田
物流政策委員 樋 口  由 人 川崎陸送㈱
広報委員 松 原  伸 行 ㈱松原運送 大 田
本部連絡委員 飯 島  光 幸 ㈲トーワ・デリバリー 新 宿
本部連絡委員 金 子  俊 一 金子運輸㈱ 新 宿
企画委員 甲斐野 栄 一 ㈲正運社運送店 新 宿
企画委員 飯 塚 由美子 ㈲丸正運送店 新 宿
研修委員 矢 島  光 男 ㈱坂村ワールドトランスポート 杉 並
10 研修委員 西      誠 朝日梱包運輸㈱ 杉 並
11 本部連絡委員 小 俣  明 彦 ㈱西荻貨物 杉 並
12 本部連絡委員 山 本  文 夫 ㈱エイトカワサキ 杉 並
13 物流政策委員 國 分  正 道 ㈱国分 文 京
14 企画委員 田 澤    功 コスモ運輸㈱ 文 京
15 研修委員 篠 本  密 治 徳丸運輸倉庫㈱ 板 橋
16 物流政策委員 佐久間 恒 好 ㈱商運サービス 練 馬
17 企画委員 関 口  勝 己 ㈱ケイ・エス・ライン 練 馬
18 広報委員 渡 辺  高 志 共成運輸㈱
19 研修委員 瀧 﨑    尚 滝崎運送㈱ 台 東
20 企画委員 島 村  栄 一 島村運送㈱ 台 東
21 物流政策委員 鎮 目  隆 雄 ㈱フコックス 深 川
22 本部連絡委員 大 木  健 司 新大橋運輸㈱ 深 川
23 本部連絡委員 西 野    毅 ㈱誠和 城 東
24 広報委員 多賀谷 正 秀 鈴直運輸㈱ 城 東
25 本部連絡委員 落 合    修 滝山運輸㈱ 城 東
26 広報委員 渡 辺  浩 則 滝山運輸㈱ 城 東
27 物流政策委員 森 本  勝 也 東亜物流㈱ 江戸川
28 物流政策委員 田 中  雅 敬 田中興運㈱ 江戸川
29 企画委員 八武崎 秀 紀 八武崎運送㈱ 江戸川
30 研修委員 斉 藤  元 宏 興徳運送㈱ 江戸川
31 研修委員 加 藤  和 彦 ㈲藤岩運輸 江戸川
32 研修委員 植 益  正 芳 ㈱エム・エスサービス 江戸川
33 本部連絡委員 鈴 木    貢 ㈲すずか梱包運輸 葛 飾
34 広報委員 竹 中  康 浩 ㈱竹中興運 葛 飾
35 広報委員 鈴 木 三津雄 青戸運送㈱ 葛 飾
36 本部連絡委員 岸 澤  武 春 岸澤運輸㈱ 荒 川
37 広報委員 石 山  信 一 石山運送㈱ 足 立
38 物流政策委員 吉 本  商 一 八千代運輸㈲ 足 立
39 企画委員 都 築  宏 樹 ㈱都築運輸 足 立
40 物流政策委員 城    康 幸 大和システム運輸㈱ 多 摩
41 企画委員 橋 本  幸 明 三鷹運送㈱ 多 摩
42 研修委員 松 本  英 孝 ㈱豊運輸 多 摩
監事 物流政策委員 永 嶋  信 一 亀戸運送㈱ 城 東
広報委員 武 田  光 宏 ㈱佐藤運送 杉 並

H29.9

本部長挨拶

藤倉ロジ研本部長

(一社)東京都トラック協会ロジスティクス研究会 本部長 藤倉泰徳

<本部長挨拶>

平成28年度ロジスティクス研究会通常総会にて本部長を拝命いたしました藤倉泰徳でございます。竹内元本部長が礎を築かれ、そして松本前本部長が進化させたロジスティクス研究会を更に強靭な組織にするべく大変微力ではありますが、青年本部長、足立支部長をさせていただいた経験をフルに活用し、努力して参る所存です。
我々ロジスティクス研究会は東京都トラック協会の女性部、青年部と並んで公認組織の一つでありますが、現役の副会長、支部長が構成メンバーに名を連ねていただいており、東ト協のシンクタンクと申し上げても過言ではないと思っております。
今年度は東ト協も50周年を迎える節目の年でもございます。ロジ研が大先輩方から引き継いできました「温故創新」が今、本当に重要な局面になったと認識しております。故きを学び、そしてこれからの50年を創りだす、そんな組織を新執行部、幹事、ロジ研会員の皆様と一緒に、そして青年部、女性部にも皆様のお力をお借りして創り上げて参りたいと考えております。今年度は「使命の継続」をテーマとさせていただきました。今日までの勢いを止めることなく未来へと繋げていくことがこの節目での役割だと思っております。
是非とも皆様の会社の未来のため、そして業界の未来のために一致団結して活動して参りましょう!改めまして2年間精一杯頑張ります!ご支援ご協力をお願い申し上げまして就任のご挨拶とさせていただきます!

平成28年度ロジスティクス研究会通常総会にて本部長を拝命いたしました藤倉泰徳でございます。

竹内元本部長が礎を築かれ、そして松本前本部長が進化させたロジスティクス研究会を更に強靭な組織にするべく大変微力ではありますが、青年本部長、足立支部長をさせていただいた経験をフルに活用し、努力して参る所存です。

我々ロジスティクス研究会は東京都トラック協会の女性部、青年部と並んで公認組織の一つでありますが、現役の副会長、支部長が構成メンバーに名を連ねていただいており、東ト協のシンクタンクと申し上げても過言ではないと思っております。

今年度は東ト協も50周年を迎える節目の年でもございます。
ロジ研が大先輩方から引き継いできました「温故創新」が今、本当に重要な局面になったと認識しております。
故きを学び、そしてこれからの50年を創りだす、そんな組織を新執行部、幹事、ロジ研会員の皆様と一緒に、そして青年部、女性部にも皆様のお力をお借りして創り上げて参りたいと考えております。

今年度は「使命の継続」をテーマとさせていただきました。
今日までの勢いを止めることなく未来へと繋げていくことがこの節目での役割だと思っております。
是非とも皆様の会社の未来のため、そして業界の未来のために一致団結して活動して参りましょう!

改めまして2年間精一杯頑張ります!
ご支援ご協力をお願い申し上げまして就任のご挨拶とさせていただきます!