暮らしを運ぶ緑ナンバートラック

本部長挨拶

ロジスティクス研究会    本部長 田中敏之

 この度、第31回通常総会の総意を得て本部長という大役を仰せつかることになりました、田中敏之でございます。

 藤倉前本部長、松本元本部長が粉骨砕身され築かれた礎をお引き受けするのは、大変身の引き締まる思いがいたします。微力ながら精一杯務めさせていただきますので宜しくお願い申し上げます。

 さて、日本経済は、個人消費・設備投資ともに持ち直しの動きが見られ、雇用情勢は着実に改善し、緩やかな回復基調が続いております。しかしながら、我々運送業界は、人手不足が慢性的に続いており、先行きは不透明なままとなっております。 

 それに加え「働き方改革」の推進により、自動車運転の業務についても時間外労働の上限規制が厳しくなるため、人材の確保がより重要性を増して参ります。

 また、最近では、アルバイト社員との労務問題も多発しております。未払い残業代や「同一労働・同一賃金」の問題も早急に対応しなければならない課題のひとつとなっております。

 運送業はドライバーが育たなければ成り立ちません。そして、そのドライバーを育てる環境を整備していくのは我々企業経営者です。

 ドライバーという職業が未来の子ども達の憧れとなるよう、諸先輩方から引き継いで参りました「温故創新」のもと、皆様と共に学び、相互に啓発をしていき、また、青年部、女性部の皆様のお力添えをいただきながら使命を果たして参りたいと存じます。

 今年度のテーマは、昨年と同様に「使命の継続」とさせていただきました。2020年の東京オリンピックを控え、日本経済はまだまだ発展していくことでしょう。この波に乗り、次世代の経営者達にしっかり伝わるよう使命の継続をおこない、運送業界の更なる発展につながる活動を実現して参りましょう。

 皆様のご期待にお応えできるよう、誠心誠意努力して参りますので、一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げ、就任の挨拶とさせていただきます。